清水隆史

私はクリアソンを応援しています。

私がクリアソンを知ったのは、2014年に知人の紹介で丸山さんと出会ったときのことです。

まだクリアソンに何もない頃です。その頃から丸山さんは、「スポーツの価値で世の中を変える。そのために世界一のサッカークラブを創る。」と言っていました。

サッカーはいけません。いかんせん分母が大きすぎる。
ボールさえあればできるので、貧しい国からでもどこからでもプレーヤーが出てきます。その結果、世界一競技人口の多いスポーツのひとつであり、巨大なビジネスとしても成立しています。サッカーで世界一になろうなんて、あまりにも無謀すぎる。

清水隆史さん
清水隆史さん

しかし、丸山さんの変わらぬビジョンを聞くたびに私は、京セラの創業者である稲盛和夫さんを思い出します。

稲盛さんは京都の西ノ京原町で創業して間もない零細企業の頃から、「今にこの原町一の会社になろう。原町一になったら中京区一に、やがて京都一になろう。京都一になったら次は日本一になろう。日本一になったら今度は世界一だ」と言い続けてきたそうです。

クリアソンは七転八倒しながら、J1に連なるとてつもなく高い日本サッカー界のピラミッドを登っている最中です。世界一になる頃には、すべてのプレーヤーが入れ替わっている可能性も高い。それなのに、現役のJリーガーやそれと紙一重のプレーヤーたち、そして素晴らしい指導者が集っています。何よりもすごいのが技術だけでなく、その考え方です。クリアソンの人たちに会うと、学生のような若い人も含めてその人格に魅了されます。その人たちの努力でひとつひとつ石を積み上げ、次世代のプレーヤーに引き継がれていくのでしょう。そして今のクリアソンにはまだ存在しないすごい奴らがクラブワールドカップの舞台に立ち、名だたるチームを倒すときが来る。自らはいないかもしれないピッチに想いを馳せて、目の前のボールに集中する強い覚悟を感じます。

もうひとつ、クリアソンがすごいところはスポーツを違う世界と結びつける力です。

はっきりいってプロやそれに近いレベルのアスリートは、普通の人にとってリアリティがありません。TVの向こう側の世界です。ところがクリアソンを通じてそうしたアスリートと接すると、その考え方や経験がビジネスにも通じるところが大きいことに驚かされます。クリアソンに共感、共鳴するアスリートだからかもしれません。

私はビジネスの世界にどっぷりと浸かっていますが、だからこそ異なる世界からの刺激やアナロジーは極めて貴重です。

クリアソンを応援していると言いつつも、大きなものを受け取っているのは私のほうなのかもしれません。

私はこれからもクリアソンとともにありたいと思っています。

清水隆史