アウェイ2戦目も敗北|選手が書く!マッチレビュー JFL第5節 vs ラインメール青森(文=#19 大和田 歩夢)

アウェイ2戦目も敗北|選手が書く!マッチレビュー JFL第5節 vs ラインメール青森(文=#19 大和田 歩夢)

5月5日 (木・祝) JFL 第5節

● 試合結果
ラインメール青森 2(1-0、1-0)0 Criacao Shinjuku

● 得点
35分 ラインメール青森
74分 ラインメール青森

● メンバー
GK 41 岩舘 直
DF 8 須藤 岳晟、15 米原 祐、25 千葉 丈太郎、28 岩田 寛生
MF 10 上田 康太、13 高橋 滉也、17 池谷 友喜、23 西山 大輝、34 堀田 稜
FW 35 澤井 直人
<サブ>
1 阿部 雄太、32 石井 優輝、20 樋口 裕平、22 剣持 雅俊、40 渥美 瑛亮、50 岡本 達也、9 原田 亮

● 交代
HT 千葉→石井
56分 高橋→渥美
65分 西山→樋口
83分 池谷→岡本、渥美→剣持

● マッチレビュー(文= #19 大和田 歩夢)
今節は延期となっていた前期 第5節。前節から中2日での試合という過密な日程ではあるものの、直近の練習では疲れを見せずに激しく、緊張感のある練習を行うことができた。

前節にて得た手応えと確かな自信を胸に、アウェイ2連戦目の青森の地に挑む。試合序盤は両者ともに相手陣地へ押し込もうとDFライン背後へ蹴り込む展開が続く。

前半7分、連携ミスからペナルティエリア内でシュートを打たれるものの、ここは41 岩舘の正面。前半11分には、相手陣地のスローインを奪い、ペナルティエリア外から17 池谷がシュートを放つもヒットせずキーパー正面。

すぐのタイミングで、相手に右サイドを突破され ピンチを迎えるもクロスは合わず何とか防ぐ。徐々に押し込まれる展開に。

その後もビルドアップやショートカウンターから相手陣地へ侵入するも、相手の堅い守りにシュートを打たせてもらえず。前半27分、10 上田の相手の背後への絶妙なパスに抜け出した13 高橋が合わせるもミートせず、クリアされる

すると前半35分。味方陣地の右サイドでファールをし、フリーキックを与えてしまう。これを見事に頭で合わせられ失点。その後、左サイドの34 堀田を中心に突破を試みるも崩せずに1-0で前半終了。

後半、頭から25 千葉に替えて32 石井を投入し、石井がCB、8 須藤が左SBへ。DFラインに安定と攻撃の厚みを図る。サイドの優位性、中盤の運動量を増やすために後半11分に高橋に替えて40 渥美、20分に23 西山に替えて20 樋口を投入。

後ろからのビルドアップにより、徐々にクリアソン新宿がボールを握り、サイドの揺さぶりをうまく利用した攻撃で相手ゴールへ迫る回数が増える。少しずつゴールの匂いがしてきたところで、一瞬の隙を突かれる。

後半29分、自陣のビルドアップからボールを奪われ、DFライン背後へ落とされたボールを押し込まれて失点。

何としても得点を奪いたいクリアソン新宿は後半34分に池谷、渥美に替えて50 岡本と22 剣持を投入し、攻勢を図るも無念の試合終了のホイッスル。前半の繋がりのなさを後半で少しずつ修正するも得点を奪えず。アウェイ2連戦目は敗北となった。

● レビュー担当の選手が語る “試合のウラガワ”(文= #19 大和田 歩夢)
今節も応援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

🔐 この記事の続きを読むには、クリアソン新宿のメンバーシップが必要です。

試合結果カテゴリの最新記事