4発快勝で、待望の白星|選手が書く!マッチレビュー 関東リーグ 後期第3節 vs VONDS市原FC 文=#22 剣持 雅俊

4発快勝で、待望の白星|選手が書く!マッチレビュー 関東リーグ 後期第3節 vs VONDS市原FC 文=#22 剣持 雅俊

8月1日 (日)
関東サッカーリーグ 1部後期第3節

■ 試合結果
Criacao Shinjuku 4(1−0、3−1)1 VONDS市原FC

■ 得点(アシスト)
35分 50 岡本 達也(2 瀬川 和樹)
46分 19 大谷 真史
50分 50 岡本 達也(3 井筒 陸也)
65分 20 樋口 裕平(50 岡本 達也)
85分 VONDS市原FC

■ メンバー
<スタメン>
GK:26岩舘
DF:2瀬川、3井筒、15米原、51小林
MF:8須藤、13高橋滉、20樋口、24森村
FW:19大谷、50岡本

<サブ>
1阿部、22剣持、25千葉、17池谷、23西山、55高橋亜、77大和田

■ 交代
後半23分 須藤 ⇒ 西山、大谷 ⇒ 高橋亜
後半26分 高橋滉 ⇒ 千葉、森村 ⇒ 池谷
後半35分 瀬川 ⇒ 大和田

■ マッチレビュー(文= #22 剣持 雅俊)
後期第3節は、前期に2-1で勝利したVONDS市原FC。クリアソン新宿は、直近のリーグ戦4試合で2分2敗と苦しい状況。結果に向けて誰もが全力を尽くすことを改めて誓った一戦。天候は日差しの強い15:00キックオフ。

それでもアップから士気を高める声は途切れない。

開始から前へ。相手の最終ラインと前線の岡本(#50)、大谷(#19)を中心に競り合う。セカンドボールを森村(#24)、須藤(#8)、樋口(#20)が出足早く拾っていく。相手の大きなボールにはキャプテンの井筒(#3)が競り勝ち、前半15分まで押し込む展開が続く。

VONDS市原FCも横にボールを回して、クリアソン新宿が広がったところを縦に攻めてくる。

前半35分、左サイドでコンビネーションを作り、フリーになった瀬川(#2)の鋭いクロスに岡本がニアサイドで合わせて流し込み、待望の先制点1-0。

後半も開始から攻撃の手を緩めないクリアソン新宿。早々の1分、右サイドを高橋滉(#13)が深い仕掛けでクロス。一度はブロックされるが拾い直して岡本へ。岡本からワンタッチでファーサイドでボールが送り込まれると、待ち構えていた大谷がヘディングシュート。キーパーに弾かれるが再度のプッシュで押し込み2-0。

さらに後半5分には、井筒がパスカットからボールを運び相手自陣へ入り込む。大谷が縦に抜けて空けたスペースを岡本が走り込むと井筒の斜めの鋭いパスを岡本が収め、右足で冷静にゴールの右隅に決めて3-0とする。

後半20分、瀬川、須藤、岡本の見事なコンビネーションから最後は樋口が抜け出し冷静流し込み4点目、4-0。ここからクリアソン新宿は後半23分、後半26分と立て続けに選手を交代。再度前線からのプレスをかけるが、ボールを真ん中に集めてからうまくサイドに展開するVONDS市原FC。徐々に押し込まれ、左からのクロスにファーサイドがフリーでのヘディングシュートを岩館(#26)のスーパーセーブ。

後半35分には、大和田(#77) を投入し最後のカードを切るクリアソン新宿。替わって入った選手を中心に相手ゴールに迫るクリアソン新宿。しかし、負ければ首位が遠のくVONSS市原FCも1点を目指すことを諦めない。

サイドからはロングスローを起点にクリアソン新宿の陣地へ押し込むVONDS市原FC。後半40分、密集からクリアするがサイドのフリーの選手へ。千葉が体を寄せるもクロスが腕に当たりPKの判定。右上への強く速いシュートで1-4とされる。

その後も1点を取りにいく両チーム。一進一退の攻防を続けるが、クリアソン新宿の小林(#55)がゲームをしっかりと締め、4-1で勝利。4試合ぶりの勝ち点3を手にしたクリアソン新宿、首位に向けて勝ち続けます!次節、公式戦で一度も勝てていないブリオベッカ浦安との一戦です。全力で闘うことを誓います。

■ レビュー担当 剣持が語る試合の裏側
いつもクリアソン新宿を応援していただき、本当にありがとうございます!今回レビューを担当しました背番号22の剣持 雅俊です。今節は久しく試合から遠ざかっていたメンバーがベンチ入り…

 

🔒 この記事の続きを読むには、クリアソン新宿のメンバーシップが必要です。

この続き
・レビューを書いた選手が語る、試合の裏側
・今節のピックアッププレーヤーとその素顔

 

メンバーは クリアソン新宿の限定の記事が読み放題。
また 非公開のFacebookグループにも招待。
選手・スタッフのリアルをご覧いただき、共に世界一のサッカークラブをつくりましょう。

試合結果カテゴリの最新記事