昨年のリーグ覇者にリベンジならず|選手が書く!マッチレビュー 関東リーグ 前期第8節 vs 栃木シティ 文=#51 小林 祐三

昨年のリーグ覇者にリベンジならず|選手が書く!マッチレビュー 関東リーグ 前期第8節 vs 栃木シティ 文=#51 小林 祐三


6月6日 (日)
関東サッカーリーグ 1部 前期第8節

■ 試合結果
Criacao Shinjuku 1(0−3、1−1)4 栃木シティ

■ 得点(アシスト)
21分 栃木シティ
38分 栃木シティ
43分 栃木シティ
73分 高橋亜
83分 栃木シティ

■ メンバー
<スタメン>
GK:26岩舘
DF:2瀬川、3井筒、15米原、51小林
MF:8須藤、13高橋滉、16伊藤大 、23西山
FW:28岩田、 50岡本
<サブ>
1阿部、5恩田、25千葉、20樋口、55高橋亜、9原田、11伊勢

■ 交代
後半14分 須藤 ⇒ 樋口
後半24分 岩田 ⇒ 原田、岡本 ⇒ 高橋亜
後半34分 米原 ⇒ 伊勢、瀬川 ⇒ 千葉


■ マッチレビュー(文= #51 小林 祐三)
前節の勝利で連勝を「3」まで伸ばし、リーグ序盤のビハインドを取り戻しつつあるクリアソン新宿。この日の相手は共に昇格を争うライバル、栃木シティ。リーグ中盤に差し掛かり満身創痍のクリアソン新宿は、この6ポイントマッチでどのようなゲームを見せることができるのか。チームとしても個人としても真価が問われるこの一戦、場所は多摩市立陸上競技場。

クリアソン新宿はこの試合、前節よりスターティングメンバーを2人変更。3バックの中央に怪我から復帰の小林(#51)、ボランチの一角に西山(#23)を起用。試合序盤は、お互いに にらみ合い。クリアソン新宿は少々勢いをそがれる展開を強いられる。それでも、須藤(#8)のオープニングシュートを皮切りに攻勢に出るが、前半21分にビルドアップのミスからカウンターを浴び失点。

相手にファーストチャンスをものにされると、前半38分には守備のバランスが崩れた一瞬のスキを突かれ追加点を許す。前半終了間際には、自陣の相手スローインからクロスを上げられ、混戦の中から失点。前半終わって0-3。非常に厳しい状態でハーフタイムを迎える。

「みんなが死んだような状態じゃなくて、安心した。俺はもちろんみんなを信じている。後半やれるって信じている。でもきっと、クリアソンを応援してくれている人たち、新宿の人たちは、もっと君たちを信じている。開き直って思い切ってやっていこう。」ハーフタイムに監督成山は、このようなコメントで選手をピッチに送り出す。

戦術的な修正がなされたこともあり、後半はクリアソン新宿ペースに。ボールが前線まで運ばれる回数が増え、サイドを起点に何度か好機を迎えるも、相手のペナルティーエリアを攻略できず。時間が過ぎていく。

そんな中、成山監督が動く。後半14分、ボランチのポジションで奮闘を続けていた須藤に替えて、樋口(#20)を投入。さらにその10分後の後半24分には、岩田(#28)、岡本(#50)に替えて原田(#9)、高橋亜(#55)を投入。中盤のモビリティーを上げつつ、前線のユニットを変えて勝負に出る。

すると後半28分、交代で入った高橋亜の思い切りのいいミドルシュートが、相手のディフェンダーに当たってコースが変わるも、そのままゴール右隅に吸い込まれ、クリアソン新宿が1点を返す。
後半34分には米原(#15)、瀬川(#2)に替え、伊勢(#11)、千葉(#25)を投入。

交代で入った2選手が右サイドを活性化させるも、2点目が遠い。相手の割り切った戦術もあり、ボールを握り続けるが、反対に前がかりになったところをうまく突かれ、後半38分に失点。

最後まで攻め続けるもそのまま試合終了。1-4。リーグ前半戦の勝負所として挑んだ一戦は、非常に悔しい結果となった。

 

■ レビュー担当 小林が語る試合の裏側

いつもクリアソン新宿を応援していただき、ありがとうございます。今節のレビューを担当いたしました背番号51 小林 祐三です…

 

🔒 この記事の続きを読むには、クリアソン新宿のメンバーシップが必要です。

この続き
・レビューを書いた選手が語る、試合の裏側
・今節のピックアッププレーヤーとその素顔

 

メンバーは クリアソン新宿の限定の記事が読み放題。
また 非公開のFacebookグループにも招待。
選手・スタッフのリアルをご覧いただき、共に世界一のサッカークラブをつくりましょう。

試合結果カテゴリの最新記事