開始2分の得点が決勝点。3連勝を手中に収める|選手が書く!マッチレビュー 関東リーグ 前期第7節 vs 流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎 文=#16 伊藤 大介

開始2分の得点が決勝点。3連勝を手中に収める|選手が書く!マッチレビュー 関東リーグ 前期第7節 vs 流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎 文=#16 伊藤 大介

5月29日 (土)
関東サッカーリーグ 1部 前期第7節

■ 試合結果
Criacao Shinjuku 1(1−0、0−0)0 流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎

■ 得点(アシスト)
2分 15 米原 祐

■ メンバー
<スタメン>
GK:26岩舘
DF:2瀬川、3井筒、15米原
MF:8須藤、13高橋(滉)、16伊藤(大) 、24森村、55髙橋(亜)
FW:28岩田、 50岡本

<サブ>
1阿部、5恩田、22剣持、20樋口、27岡野、40渥美、9原田

■ 交代
後半13分 髙橋亜 ⇒ 岡野
後半29分 森村 ⇒ 渥美、瀬川 ⇒ 樋口
後半41分 岡本 ⇒ 原田、井筒 ⇒ 恩田


■ マッチレビュー(文= #16 伊藤 大介)
前節、大勝で連勝を手にしたクリアソン新宿。新シーズンから半年が過ぎ、紆余曲折を経て ようやくクリアソン新宿らしい戦い方を、ピッチで表現できるシーンが増えた。連勝で得た自信を確信に変える、今後を占う意味でも重要な一戦に臨む。

対するは昨年、関東リーグと市原カップ決勝で対戦し、勝利したものの、両試合ともに苦戦を強いられた流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎。気温29.8℃と夏日の中 “闘う多様性社会人チーム” がフレッシュな大学生チームに挑む。

試合前のミーティングでは、阿部(#1)が「前節は、試合への序盤で勢いがあり、開始10分くらいで勝利を確信した。今日も、チーム全員でアップから雰囲気をつくり、序盤で相手を圧倒しよう」という言葉があり、試合開始前から絶え間なく声を掛け合う、良い雰囲気の中キックオフ。

まさに阿部の言葉通り、キックオフから2分後。クリアソン新宿にゴールがうまれる。見事な伏線回収。おそるべし阿部。前半2分、今シーズン初先発の髙橋亜(#55)のコーナーキックから、ゴール前の混戦を米原(#15)が頭で押し込み、先制点。

クリアソン新宿は、得点の勢いそのままに相手陣内でのプレー時間が増えるが、前半10分にピンチを迎える。自陣でのこぼれ球に対して、流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎の25mロングシュート。しかしこれは、幸いにもポストに当たり、ことなきを得る。

その直後、井筒(#3)からの縦パスを受けた岡本(#50)がターン、岩田(#28)が抜け出しシュート。相手DFにブロックされるが「前へ、前へ」のプレーがチームの流れを引き戻す。

その後は、流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎の巧みなビルドアップに対して、前線からプレスをかけるクリアソン新宿という構図が続く。そんな中でも、今節 先発復帰した瀬川(#2)が、重戦車のごとく左サイドを何度も突破し、クロスを上げるシーンが目立った前半だったが、1-0のまま前半終了。

後半もこの構図は変わらず、一進一退の攻防が続く。飲水タイム後の後半23分。クリアソン新宿、米原のボール奪取から前へパス、受けた伊藤大(#16)もターンし前へ、またもや抜け出した岩田がシュート。ネットを揺らすも惜しくもオフサイドで、追加点とはならず。変わらない前へ前への姿勢でクリアソン新宿はチャンスをつくる。

後半30分以降、徐々に流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎がチャンスを創出する。そして後半38分、クリアソン新宿に最大のピンチが訪れる。自陣左サイドより、クロスを上げられヘディングシュート。ここを、GK 岩舘(#26)のファインセーブによりゴールを死守。まさに “神舘” (この日の、チーム内での感動大賞に選出されるプレーとなりました。拍手)。

その後は、途中出場の原田(#9)、渥美(#40)の前線からのハードプレス、岡野(#27)の意表を突くロングシュート、樋口(#20)の上下動、そして恩田(#5)は魂。それぞれが特長をいかし、苦しい時間帯を締め、1-0のまま試合終了。

3連勝を掴み、次節はいよいよ昨年度の関東リーグ王者 栃木シティ戦。自信を確信に。真価が問われる一戦で、クリアソン新宿には何ができるか。今から楽しみです。

 

🔒 この記事の続きを読むには、クリアソン新宿のメンバーシップが必要です。

この続き
・レビューを書いた選手が語る、試合の裏側
・今節のピックアッププレーヤーとその素顔

 

メンバーは クリアソン新宿の限定の記事が読み放題。
また 非公開のFacebookグループにも招待。
選手・スタッフのリアルをご覧いただき、共に世界一のサッカークラブをつくりましょう。

試合結果カテゴリの最新記事