クリアソンの選手がポケモン自己分析をしてみたらどうなるか?

こんにちは、クリアソン広報です。

もっとクリアソン選手を身近に感じられたらいいなと思い、全員にポケモン自己分析を実施してもらいました。よかったらみなさんも是非ポケモン自己分析をしてみてください^^

「あの選手と一緒だ!」
「あの選手と相性いいんだ!」
などと新たな繋がり・発見が生まれるかもしれません♪

ポケモン自己分析はこちらから

クリアソン全体図

まず全体的にクリアソンはカイリューが多いです。普段はおとなしいけど、怒ると凄い力を発揮する集団です。また適度にディグダが配置されていて、職人肌なタイプも多めです。真ん中はメタモンがたくさん配置されているので、臨機応変に対応が可能な組織と言えるでしょう。

裏方にはリザードン、マルマインがいたりと、かなり攻撃的なスタッフを揃えています。間には環境次第で成長していくナッシーがいるので、リザードンやマルマインに影響されてすくすくと育っていくのではないでしょうか。ひとりコダックで常に頭痛に悩まされている方もいますが…

GK(カイリュー、スピア)

クリアソンのゴールキーパーは、カイリューにスピアとかなり攻撃的です。怒ると大変な事になるゴールキーパーと、攻撃的で挑戦的なキーパーが揃っています。

DF(カビゴン、ディグダ2、カイリュー2、スピア、マルマイン)

職人肌のディグダが2名いるところが、DFっぽいなと思います(笑)
センターバックの要がマルマインで感情爆発させたり、スピアが毒で攻撃的だったりと、かなり個性的だなと思います。普段は穏やかなカイリューが2名いたり、マイペースだけど本気をだすとすごいカビゴンが1名いたりと、ピンチには強いディフェンス陣です。

MF(メタモン2、カイリュー2、ユンゲラー、ラッキー、コダック)

MFにも穏やかだけど、怒ると強いカイリューが2名います。試合前にどれだけ気持ちを高められるかが勝負な感じがしますね! また相手に合わせて対応が可能なメタモンも2名いるところがMFらしいです。バランスをとってくれる選手がいるのは心強いです。計算が得意なフーディンもいるので、試合が中盤に差し掛かったところでデータに基づいたプレイが可能です。献身的なラッキーもいるので、組織が困っている時ほどたくさん走ってくれそうですね!物事を考え抜くことが得意なコダックも1名いるので、頭脳戦にも強い中盤です。

FW(カイリュー2、ディグダ2、マルマイン、メタモン)

FWにもカイリューが2匹います。近くに感情を爆発させることが得意なマルマインがいるので相性が良さそうですね♪ マルマインがキーマンとなってカイリューにどれだけ刺激を与えられるかがキーとなりそうです。
柔軟に動いてバランスを整えるメタモンがいたり、職人っぽい動きで献身的に組織に貢献するディグダも2名います。欲を言うなら、リザードンみたいな自己中っぽいキャラクターが1名いても良かったなって思います。そこはカイリューが頑張って気持ちを高める事で、力を発揮してほしいです。

裏方(リザードン、マルマイン、ナッシー2、コダック)

なぜか裏方にリザードンがいます(笑)バックグラウンドを調べてみると、元々FWで選手として活躍されていた方ということがわかって納得です。試合前の練習でもリザードンらしい破壊力のあるシュートを蹴ってます。ナッシーが2名いるので、前向きでフレンドリーな空気が生まれそうです。みんなでいる時に力を発揮することが多いなんて、まさに適材適所ですね♪
トレーナーにマルマインもいるので、感情が爆発しすぎて選手の体に刺激がいきすぎないか心配です(笑) 選手に大人しいカイリュー、ディグダ、メタモンが多いので、ある意味バランスはとれているのかもしれません。

そしてここにも1名、考えすぎてしまうコダックがいます。是非彼女には一度頭痛がするまで考え抜いてみてほしいです(笑)

以上、クリアソンチームにポケモン自己分析をしてみてもらった結果です♪
みなさんとクリアソンの距離が少しだけ縮まったら嬉しいです^^